2010年05月01日

県民大会「民意の表れ」=普天間の危険除去強調−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対する沖縄県民大会に約9万人が集まったことについて「民意の一つの表れだと理解している」と語った。その上で、「沖縄の皆さまの負担軽減、そして普天間の危険除去を何としても実現したい」との考えを重ねて強調した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】沖縄と米国海兵隊〜普天間問題の背後にあるもの〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

「桟橋方式」軸に調整へ=現行案修正、名護市長は拒絶−普天間(時事通信)
日米首脳の非公式会談、日本側は記録残さず(読売新聞)
破壊された両さん像の修復完了(産経新聞)
普天間移設 沖縄県民大会始まる 知事も初参加で姿勢示す(毎日新聞)
「比例議員の新党移動に規制を」 民主・平田氏、協議呼びかけへ(産経新聞)
posted by ヤマキ ヨシユキ at 00:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。